医療・福祉関係者の皆様へ

hospital__top
hospital_r1_c3 八王子市高尾町で長年、精神科医療に携わってきた「駒木野病院」を有す、医療法人財団青溪会が、地域のみなさまの在宅での療養生活をご支援させていただくために、病院から独立して「こまぎの訪問看護ステーション天馬」を立ち上げました。「天馬」は医療法人財団青溪会が長年培ってきたチーム医療を駆使し、心と身体両方の在宅ケアを行って参ります。 かかりつけ医の先生や公的機関、地域包括支援センター、在宅および施設の介護保険現場の方々など、多くのみなさまと支援チームを組み、病気や障害を有しても住み慣れた地域社会で「自分らしく」暮らしたいと望んでおられるご利用者様の在宅生活を応援します。 医療保険や介護保険、自立支援医療等各種保険など各種保険を使ってご利用する事ができます。 「こまぎの訪問看護ステーション天馬」では、長年、訪問看護や精神科医療に携わってきたベテランの看護師と経験豊富なソーシャルワーカーが活動しておりますので、皆様、お気楽にお声かけいただきます様、よろしくお願い致します。

こまぎの訪問看護ステーション天馬 所長 栗田勲

こまぎの訪問看護ステーション天馬 ご利用までの流れ

かかりつけ医の先生方へ

こまぎの訪問看護ステーション天馬では、一般の訪問看護指示書・特別指示書および精神科訪問看護指示書・精神科特別指示書での訪問看護をお受けできますので、なじみの先生方から直接ご指示がいただけます。

hospital_r10_c2  

先生が訪問看護を必要とみなし、ご本人様、ご家族様も希望された場合は、電話、またはメールにてご一報の上、指示書をお送りください。ご希望の場合、パンフレット、指示書の返信用封筒などもお届けにうかがいます。

医療保険、または介護保険どちらの対応になるのか、自立支援医療は使えるのか等、制度や各種社会資源のマネジメントに関しましても当ステーションのソーシャルワーカーが対応させていただきますのでお気軽にご相談ください。

 

地域の専門職の皆様へ

介護保険での通常の訪問看護はもちろん、現在も訪問看護は入っているが以前とは違う言動が出てきた場合の観察、相談という目的での訪問看護も可能です。一緒に処遇を考えて適切な医療を、住み慣れた場所で受けられることを理想としています。
また、施設入居中の方でも訪問看護が利用できる場合がありますのでご相談ください。
包括支援センターの方々で、こんなケースはどうだろうかというご相談もご一報ください。

hospital_r10_c2  

hospital_r14_c1